交通事故:労災保険

交通事故に遭った場合に弁護士に相談することは、思わぬ効果を得ることが有ります。

例えば、通勤途中や勤務中に交通事故に遭ってしまった場合、相手方の保険を使用するよりも
労災保険を利用する方が有利な場合が有るのです。

交通事故の場合には加害者が被害者の損害賠償を行うのが原則ですが、
その加害割合によっては全額が負担されない場合も有ります。

集まる

また事故直後はその加害割合の認定が定まらない場合も多いため、
その場合には自ら治療費を立て替えなければならないことになるため、非常に不便な思いをすることになります。

労災保険で有れば窓口での支払いを行うことなく全額労災保険で負担されるので、非常に便利です。

成長

さらに、労災の場合には特別給付金という制度があり、この支給を受ける事が出来ます。

相手方の保険から支払われる場合も給付金が有りますが、この金額は加害割合によっては
相殺されることも多いため、給付されないことも少なくありません。

交通事故に遭った場合には弁護士に相談することで、適切な対応を指示してくれるメリットが有ります。