交通事故:着手金


現在、弁護士の相談料などは自由化されていて、料金はまちまちです。
着手金もさまざまで、まったく取らない事務所もあります。

特に交通事故で重傷を負った被害者については、着手金を無料としている事務所が多いです。

揃う

  交通事故の被害者の加入している民間保険に
弁護士費用特約が付いている場合、
たいてい300万円までは出ますので、例え軽症であっても、弁護士に依頼することができます。

着手金の有無も気にせずに済みます。

特約が使えない場合は、軽症なら費用倒れとなる可能性があります。
その場合は、事務所側からそう説明されるでしょう。

重傷なら、費用倒れになることはありませんから、すべての支払いを
後払い可能として引き受ける弁護士事務所は多いです。

  交通事故では初期対応が非常に大事です。
しかし、交通事故直後、被害者は病院にいることが多いわけですから、適切な対応が
できずじまいになり、そのことであとあと不利になるのが普通です。

これを防ぐには、事故直後から弁護士に依頼をすることです。
特に重傷であった場合はそうするべきです。
的確な初期対応ができなかった場合にこうむる損害額が大きいからです。

その額が、弁護士費用を上回ることは珍しくありません。
交通事故は、非常に専門性の高い分野ですから、交通事故専門の弁護士に
依頼するのとしないのとでは、大きな違いが生じます。

重傷であるほど、大きな違いとなります。
すべて後払いとできる法律事務所は多いですから、ぜひとも依頼することです。

いつも