交通事故:弁護士特約


交通事故が発生した場合、その責任は過失の割合に応じて決まってきます。
この過失割合というものは示談交渉の場で損害賠償の金額を決めるために
非常に重要なポイントとなってくるのですが、仮に交通事故の当事者のうち
どちらか一方に全く過失がないといったケースでは、その人の加入している保険会社は
示談交渉に乗り出してくることはありません。

開く

なぜならば、示談交渉は原則として交通事故の相手に対して賠償金を支払うために備えるものだからです。
そのため、過失割合のゼロの人の場合には相手側との交渉は自分で行っていくか、
弁護士へ依頼をするかたちになります。

弁護士へ依頼をするとなると気掛かりになってくるのがその報酬についてですが、
報酬を自分で支払うとなるとかなりの出費となってしまいます。

しかし、自分の加入している任意保険に弁護士特約が付帯しているのであれば、
示談交渉を弁護士へ依頼をしたとしてもその報酬は自動車保険から支払われることになります。

banner