交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:当て逃げなどの事故内容


交通事故に遭った場合には、通常は相手方からその損害を
賠償してもらうのが基本となっています。

珍しい

又、相手方が保険に入っていない場合などは自分の保険で不足分を補てんする物も有り、
これに加入していることでその損害を補償できる制度も有ります。

しかし、当て逃げなどで加害者が見つからない場合などは、
これらの補償はされないことも少なくありません。

banner

特に注意しなければならないのは、自分の保険であっても
加害者が特定できないと支払われないものが少なくないのです。

このような時には交通事故の問題に詳しい弁護士に相談するのが良い方法です。

弁護士は警察などに対して犯人検挙を強力に働きかけてくれるとともに
その損害賠償に関しても様々な対応策を知っています。

例えば政府保証事業と言われる犯罪の被害に遭い、苦しんでいる人を支援する事業に
補償金の申請をしたりといったことも可能で、このような手続きをスムーズに行ってくれますし
保険会社に対しても特例措置などを引き出してくれる可能性もあります。

当て逃げの場合犯人が見つかる可能性はかなり低く、警察も被害者に重傷などが見られないと
あまり協力的には動いてくれないことも多いようです。

しかし突然の出来事に、相手の車種やナンバーを確認する余裕もないかもしれません。
まずは警察に連絡することも大切ですが、それと同時に弁護士にも相談してみたほうが
いいかもしれません。何からすべきかといったアドバイスがもらえるだけでも安心です。