交通事故:過失割合


  交通事故の加害者が任意保険に加入していると、示談交渉の相手は
任意保険会社の担当者となります。

交通事故の過失割合を決める必要があるのは、損害賠償額を決めるためです。
過失割合は、交通事故の被害者と加害者側の合意によって決定されます。

昇る

  被害者が個人で示談交渉をしていると、任意保険会社の担当者は、
判例も何も無視した、まったく独自の見解による過失割合を主張するのが一般的です。

被害者が判例を示して、どう主張しようが、聞こうとしないのが普通です。
任意保険会社の担当者は、被害者の主張内容には関心がないものです。

主張の正当性は問題ではなく、根競べのようなものだと考えているところがあります。
任意保険会社の担当者は、被害者個人を相手にした交渉にかけてはプロですから
そうした相手と交渉し、正しい主張だからと通そうとするのは、無駄な努力となります。

banner

被害者に過失がないと想定されるから、被害者の加入している任意保険会社も
介入しないわけですが、そうしたことは、加害者側の担当者は気にしません。

被害者が個人で交渉している限り、主張内容を吟味することはないと考えましょう。

  被害者は、なるべく早い時期に交通事故専門の弁護士に示談交渉を依頼することです。
被害者に弁護士がつくと、任意保険会社の担当者は、会社の顧問弁護士に交渉を任せます。
顧問弁護士は、裁判をしたらどういう判決が出るかわかりますから、裁判を避けるために
妥当な示談に応じようとします。

そのため、当初の主張と数割違ってくることもあります。
ただ流されるのではなく、見極めることも大事です。