交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:慰謝料請求


交通事故の被害に遭った場合、どのくらいの慰謝料が支払われるのかが
一番重要であり気になるところです。

交通事故の慰謝料は、肉体的精神的苦痛を賠償するものですが、
自賠責保険から給付される慰謝料は、かなり大まかな分類によって算出されたものです。

けがの重傷度は関係がなく、入院と通院も同じとして扱われます。
しかし、交通事故の被害者としては、重傷のほうが肉体的苦痛が大きいのは明らかで、
入院のほうもそう考えるのは無理もないことです。

自賠責基準では、そうしたことで区別はしておらず、入通院日数と頻度だけで慰謝料額が決まります。

無事に

機械的に決まるので、弁護士に依頼しても金額は変わりません。

  裁判基準に基づいた慰謝料請求をする場合は、弁護士の力が必要となります。
裁判基準では、裁判をしたときに認められた金額をもとにしていますので
重傷者に手厚い基準となっています。

入院と通院も分けて考えます。
交通事故の加害者に著しい問題行動があった場合も、慰謝料が増額されます。

banner

裁判基準での慰謝料請求が認められるのは、裁判に訴えた場合か、弁護士に示談交渉を依頼した場合だけです。

被害者個人で交渉しても、支払われることはありません。
受けた苦痛に見合った慰謝料を請求し、支払わせるには、弁護士の力が必要です。

それなしに、慰謝料に実態が反映されることは望めないのが実態です。

  交通事故専門の弁護士に依頼すると、慰謝料以外の面でも、裁判基準が適用されやすくなり
損害賠償額が増額される可能性が高まります。

特に、重傷の場合は事故直後から弁護士に依頼することが望まれます。
早めに弁護士に相談をしてどのように対処すべきかのアドバイスをもらうことで
後からの処理もスムーズになり、余計な労力を使う必要もありません。
また、ややこしい手続きも多い交通事故も、弁護士についていてもらえれば
安心できます。